サムイ島の大きな島とは対照的に、タオ島は約21平方キロメートルの小さな島で、賑やかなビーチやサムイ島の高級スパやリゾートとは全く異なる体験を提供します。タートル島を意味するタオ島は、スキューバダイビングで有名です。他のタイの島々よりもバックパッカーが目的地とする場所ではありません。予算に優しいものから高価で豪華なものまで、あなたが期待するような大きなナイトライフのシーンはありませんが、提供する宿泊施設は充実しています。あなたがナイトライフとサムイ島のビーチを楽しんでいたなら、優れたスキューバダイビングやより静かな生活を求めタオ島に向かいましょう。

サムイ島からタオ島までは約67キロ(42マイル)です。この2つの島間を移動する唯一の方法は、タオ島が独自の空港を持つには小さすぎるため、フェリーがかスピードボートで行きます。パブリックフェリーやプライベートスピードボートチャーターの他に、島に一晩滞在することなく1日ダイビングを計画しているなら、サムイ島からタオ島への包括的なダイビングツアーを楽しむこともできます。これらのさまざまなオプションについて詳しくは、こちらをご覧ください。

サムイ島からタオ島までのフェリー

タイの海を渡って島から島へ旅行するのは、公共のフェリーで行くといつも非常に手頃です。そして、それは通常、旅行者と地元の人々の両方のためにタイの島々を一緒につなぐ、多くの異なるルートを同じ3〜4のフェリー会社が提供します。また、各社が1日にいくつかの運航を提供している場合、サムイ島からタオ島への旅をする際には、常にフェリーがたくさんあります。

フェリー会社の主な違いは、運航しているボートの種類です。高速フェリーやカタマランなどのものもあるし、旅行時間に30分以上を加える標準フェリーもあります。不思議なことに、高速フェリーは標準フェリーよりもはるかに高価ではないので、もし数百バーツ節約するのを気にかけなかけないのであれば、出発地点に応じて最も便利なフェリー会社を選ぶことができます。

ロンプラヤ高速フェリー
ロンプラヤ高速フェリー © Vasit Buasamui / Shutterstock.com

ロンプラヤにはサムイ島からタオ島までの高速カタマランフェリーがあります。これは、1.5時間から1時間45分かかるので、AからBに至る最も速い方法です。メナムのパララン桟橋から出発して、島の唯一のフェリー埠頭であるタオ島の西海岸のメハード桟橋に到着します。

新しいボートでは、サムイ島からタオ島までの高速のカタマランフェリーで、快適な座席が内外に整っていて、スナックを買うことができるお店があります。機内にトイレも多くあり、テレビで映画も放送していますが、映画より風景を楽しめるはずです!

サムイ島からタオ島までのシートランフェリーは、ロンプラヤのカタマランより少し遅いですが、わずかだけです。これらの高速フェリーの旅時間は約2時間です。シートランフェリーはサムイ島のバーンラック桟橋から出発し、タオ島のメハード桟橋に到着します。あなたが乗り物酔いに苦しむ人なら、シートランのフェリーの方がカタマランよりも良いかもしれません。波立ちが激しい場合、フェリーは少し安定している傾向がありますので、チケットを購入する際はこれを念頭に置いてください。

シートランフェリー
シートランフェリー © mukphoto / Shutterstock.com

ソンスームはサムイ島からタオ島への旅行を提供する別のフェリー会社です。ソンスームフェリーのチケットは、フェリーが少し古くて遅いので、他の2つの会社よりも少し安いです。旅時間は約2.5時間で、機内設備はそれほど良くありません。

プライベートチャータースピードボートも別の選択肢です。それらの間のすべてのコストを分割したい小規模なグループのお客様には最適です。スピードボートはビーチフロントのホテルからすぐにピックアップでき、タオ島のビーチに降りると素早く柔軟に対応します。

タオ島に乗せる客を待っているサムイ島のスピードボート
タオ島に乗せる客を待っているサムイ島のスピードボート © LMspencer / Shutterstock.com

サムイ島からタオ島までのダイビング旅行

タオ島で一日以上過ごす計画ならフェリーは素晴らしい選択ですが、そんな時間がななく島の素晴らしいダイビングを体験するだけの日には、 サムイ島からタオ島への組織的なダイビング旅行が良い選択かもしれません。

あなたが予約する業者次第で様々なツアーが利用できますが、もし初心者なら先のダイビングの知識や認定を必要としない旅行を予約することができます。あなたは早いスタートで一日を過ごすべきです。ほとんどのツアーには、サムイ島のホテルでの送迎、タオ島フェリーへの乗り換え、指示と安全説明、ダイビング用品、監督付きダイビング、ランチを含み、 もちろんフェリーで乗り換えてサムイ島に戻り、ホテルで降りてで終わります。

独立フェリーの利用と比較すると、サムイ島からタオ島へのダイビング旅行はかなり高価ですが、タートルアイランドへの日帰り旅行を望む場合、価格に含まれているものを考慮すれば、それは実際にはかなり良い価格です!

How useful was this post?

Click on a star to rate it!

Average rating / 5. Vote count: