バリ島は長い間非常に人気のある目的地であり、世界中の観光客を暖かい海、ビーチ、ダイビングの目的地で魅了して、その文化と素晴らしい景色を体験します。実際、バリ島はインドネシアで最も観光客が多く、毎年より多くの人が訪れています。バリ島は非常に人気のある場所であるため、海岸のすぐそばに、驚くほど美しいが訪問者数の点ではまだ静かな別の島があります。ヌサペニダ島は、観光インフラとしての機能がほとんどないため、主に日帰り旅行の目的地ですが、間違いなくその日帰り旅行の価値があります!この丘陵で岩の多い島はバリ島とはまったく異なります。特に静かなため、素晴らしいビーチで人ごみからの脱却場所です。

バリ島からヌサペニダ島への旅行選択肢

バリ島からヌサペニダ島への旅行選択肢
ヌサペニダ島からバリ島に戻るフェリー © Nokuro / Shutterstock.com

ヌサペニダ島はバリ島の南東海岸から少し離れた場所に位置しているため、バリ島からヌサペニダ島まではそれほど長くかかりません。距離は30キロメートル未満で、ヌサはバリ島に比べるとまだ静かですが、多くの観光客はバリ島の弟島に毎日訪ねています!バリ島からヌサペニダ島への唯一の移動手段は船であり、多くのフェリーオペレーターの選択肢があります。ツアーパッケージは、バリ島のホテルやツアーオペレーターからも入手できますが、完全に組織化されたツアーを行うためには、さらに多くの費用を支払うことになります。これらは状況によっては良い場合もありますが、あまりお金をかけずにヌサペニダ島に行きたい場合は、必ず独立して行ってください。

フェリーでバリ島からヌサペニダ島へ

フェリーでバリ島からヌサペニダ島へ
ヌサペニダ島へ向かう途中のバリ島のフェリー © sudarat chanthubha / Shutterstock.com

バリ島とヌサペニダ島の間を移動するボートに「フェリー」という名前を付けることは、この言葉の常識では少し誤った呼び名です。確かに、ボートはある場所から別の場所へ人々をフェリー輸送しますが、「フェリー」という言葉を聞いたとき、おそらくより大きなボート、おそらく乗り物を乗船できるものを考えているでしょう。実は、バリ島とヌサペニダ島の間を行くフェリーは、実際には限られた数の乗客しか乗れない特大スピードボートです。これらは非常に高速で移動し、旅ははるかに大きいボートよりも荒いので、乗り物酔いになりやすいと思う場合は、事前に薬を服用することをお勧めします!

荒い乗船に慣れていないかもしれませんが、すぐに終わります。バリ島からヌサペニダ島へのほとんどのフェリーは横断に約30分かかりますが、バリ島から出発できる場所がいくつかあり、ヌサペニダ島にもいくつかの異なる到着ポイントがあり、旅行時間が異なる場合があるので注意してください 。

さまざまなフェリーオペレーターが存在するため、多くの横断コースから選択できることを知っておくと便利ですが、旅行当日は非常に早く予約済みになります。1日中過ごすことできるようにバリ島を最も早いボートに乗ることを勧めしますが、明らかな理由から、これらの朝のボートは最も人気があります。午前7時30分に最初のフェリーのチケットを購入することを望んで、午前7時頃にサヌールハーバーに到着できますが、そのボートに乗るために、その日乗れるかどうか、安心して事前にチケットを予約することを勧めます。

バリ島からヌサペニダ島までの複数の異なるフェリーオペレーターのチケットは、旅行ウェブサイト12Go.asiaでオンラインで簡単に予約できます。複数のフェリー会社と多くの異なるフェリー時間が表示されるので、あなたに最適なものを選択するか、一番早朝の横断を予約してください!

価格は会社によって異なりますが、実際にはサービスの相違点はあまりありません。12Goのレビューを見て、他の旅行者が各サービスについてどのように思ったかを確認してから決めてください。バリ島からヌサペニダ島へのフェリーを提供しているこれらの会社のほぼすべてがそのウェブサイトで即時予約を行っているため、たった1日かそこら前に予約しても安心です。

How useful was this post?

Click on a star to rate it!

Average rating / 5. Vote count: