ランカウイ、ケダの宝石として知られている、この群島はマレーシアの海岸のすぐそばに置かれて、確かに宝石です!その美しいビーチと熱帯雨林は最高の観光スポットです。ランカウイケーブルカーで印象的なランカウイスカイブリッジにアクセスできます。ランカウイ島の西およびわずかに北に60キロメートル未満にあるのはもう一つの人気の島、リペ島です。リペ島は非常に近い距離にありますが、実際にはタイの一部であり、その素晴らしいビーチや素晴らしいダイビングスポットで最もよく知られています。マレーシアとタイの両方で島の生活を経験したいなら、ランカウイ島からリペ島へ行くのはとても簡単です。

ランカウイからリペ島への旅行選択肢

ランカウイからリペ島への旅行選択肢

ランカウイからリペ島までの距離は約40 kmです。旅行を始める桟橋によっては、一つの島から別の島に行くのにそれほど時間がかかりません。唯一の選択肢はフライトがないのでボートで行くことです。ランカウイにはマレーシアの7つの国際空港の1つである空港がありますが、リペ島は小さな島なので空港はありません。ボートでの移動は簡単であり、出発はたくさんあります。フェリーでランカウイからリペ島に行くことについてのさらなる情報のために続けて読んでください。

ランカウイからリペ島までのフェリー

ランカウイからリペ島までのフェリー
ランカウイからリペ島までのフェリー © Travelling.About / Shutterstock.com

フェリーのオプションについて説明する前に、ランカウイからリペ島への旅行を考えている場合に注意すべきいくつかの重要な点があります。まず、ランカウイはマレーシアにありリペ島はタイにあることを覚えておく必要があります。これは、国際的な国境を越えて旅行しているのでパスポートを持っている必要があるでしょう、そしてランカウイ島を去る前にどんなビザまたは移民要件もチェックする必要があるでしょう。タイへの入国が拒否され、マレーシアへの帰国を余儀なくされていることになれば、この旅行に出たくないでしょう。

2つ目の重要な注意点は、ランカウイ島からリペ島まではわずか40キロメートルですが、これら2つの場所は異なるタイムゾーン内にあるということです。ランカウイ島はマレーシアのタイムゾーンの一部で、+ 8時間です。一方、リペ島はタイのタイムゾーンの+ 7時間です。そのため、フェリーの時刻表を見るときは、この点に留意してください。フェリーの所要時間は30分しかないように見えるが、タイムゾーンの違いにより実際には90分かかります。

ランカウイからリペ島への旅行の計画を立てるときに考える3つ目のポイントは、フェリーは概ね10月中旬から6月中旬までのハイシーズン中にのみ運航することです。この時期のどちらかの終わり頃のサービスは天気の影響で大雑把かもしれませんが、ハイシーズンの真ん中に旅行することを計画しているならば、まったく問題はありません。

ハイシーズン中は、旅行ウェブサイト12Go.asiaを通じてチケットを事前に簡単に予約できます。彼らはフェリー出発のためのすべての選択肢を与え、オンラインで予約できるため、フェリーでチケットを購入する必要はありません。

ランカウイ島からは出発地が2つありますので、滞在する場所に一番近い方を選択してください。テラガハーバーマリーナが1つ、クア桟橋がもう1つです。ハイシーズンには、毎日ランカウイ島からリペ島行きのフェリーが6つまでありますので、早めに出発するか、午後または夕方まで待つことができます。

ランカウイからリペ島までのフェリー
パタヤビーチ、リペ島

リペ島では、島で最も人気のあるスポットの一つ、パタヤに到着するでしょう。島にはフェリーを収容する十分な大きさの桟橋がないので、フェリーはリペ島に到着できません。そのため、代わりにロングテールボートに乗り換えてから、パタヤビーチの入国管理局に向かいます。

ランカウイからリペ島への旅行を計画する際に、上記の全ての点に留意することを忘れなければ、スムーズで手間のかからない旅ができるはず!