ラオスの首都ビエンチャンは、仏教寺院とフランスの植民地時代の建築が混在する美しい街です。多くの東南アジアの都市ほど忙しくない、ビエンチャンはより静かな雰囲気を持ち、一般により広く開放的で明るく感じられるので、訪れるには素敵な場所です。ラオスの首都を楽しんだ後は、この景色の美しい田舎の田園地帯を体験するために、北にヴァンヴィエンの町へ向かってください。ナムソン川沿いに位置するヴァンヴィエンは、洞窟、石灰岩の山々、ラグーンで有名で、歴史的な寺院があります。バックパッカーの目的地として知られていますが、ヴァンヴィエンには趣のあるゲストハウスがあり、地元の美味しいレストランがあります。

ビエンチャンからヴァンヴィエンへの旅行選択肢

ヴァンヴィエンはビエンチャンのほぼ真北にあり、まっすぐで、一方から他方まではわずか110キロメートルです。残念ながら、直線で移動することはできません。ビエンチャンとヴァンヴィエンを結ぶ道路でたくさんの曲がりがあるので、実際には160キロメートル近くになります。また、これらは主要な道路ではないことを覚えておく必要があります。道はかなり狭い場所にあり、多くの場合はくぼみでいっぱいで、山を通過することになります。したがって、車両はより遅い速度でしか移動できないため、決して早い旅行ではありません。小さな町ヴァンヴィエンには空港がないので、ビエンチャンからヴァンヴィエンへの行き方は道路でしかできません。そのため、基本的にバスとバンの2つの選択肢があります。

バスでビエンチャンからヴァンヴィエンへ

バスでビエンチャンからヴァンヴィエンへ

ビエンチャンからヴァンヴィエンまでのルートについて言及しているバス会社はいくつかありますが、現時点でそれらすべてが運行しているわけではありません。最新の情報を得るには、12Go.asiaを通してチケットを予約することをお勧めします。この評判の良い旅行ウェブサイトはすべてのバス会社とつながっているので、オンラインで予約することで与えられた情報が信用できると分かります。 利用した会社が運営停止になった場合、12Goで予約したので、代わりのものを見つけることができるはずです。

現在、12Go はスッチャイ トラベルでビエンチャンからヴァンヴィエンまでバスで旅行用のチケットを販売しています。彼らを利用すると1日午前9時30分と午後1時30分に2回出発があります。 予定された旅行時間は5時間ですが、早ければ4時間で行けます。ただし、万が一のために今後の旅行計画を立てているなら5時間みて下さい。バスにはエアコンが付いていますが、この地域でしばしば運行するより豪華なバスで旅行することに慣れているならば、これらはかなり基本的です。

バンでビエンチャンからヴァンヴィエンへ

バンでビエンチャンからヴァンヴィエンへ
ヴァンヴィエンに近いカシ地区のバン © Yangxiong / Shutterstock.com

他の選択肢として、ビエンチャンからヴァンヴィエンへのバンの移動があります。小型車に乗ることを好む人もいるかもしれませんが、バンで移動することには多くの利点はありません。まず、それは通常バス旅行より少し高価であるのでバンで行くとお金も節約しないでしょう、旅行者は足元と荷物を保管する場所の点でバンのスペースは常に狭いと報告しました 。

それでも興味があるのであれば、ビエンチャンからヴァンヴィエンへバンで移動することの利点は、パーソナルスペースがあるような感じでグループの場合はより良い経験になることです。 バンはバスのようにエアコンが効いているので、それはいいです。

PTSトランジットサービスを使用して、 12Goでビエンチャンからヴァンヴィエンへのバンを予約できます。午前8時30分にビエンチャンのタナレン駅から出発する1日1便のバン出発便を提供していますが、到着予定時刻はヴァンヴィエンの5.5時間後の午後2時ですから バスより時間がかかります。

ビエンチャンからヴァンヴィエンへのバスまたはバンのどちらを利用する場合でも、前もって 12Go までにチケットを予約することを忘れないでください。

How useful was this post?

Click on a star to rate it!

Average rating / 5. Vote count: