ランタ島は、海岸のすぐ近くにサンゴがあり、内陸部に緑豊かな熱帯雨林のジャングルがあり、美しく長く柔らかい砂浜が特徴で、タイの豪華な熱帯の島の1つです。ランタ島を他の島々と一線を画すものの1つは、非常に迅速かつ簡単にアクセスできることです。ここは何千人もの観光客で溢れかえっており、開発が進んでいると思われるかもしれませんが、ランタ島は比較的静かなままです。 宿泊する場所、食事をするレストラン、ナイトライフを楽しめるバーがたくさんありますが、ランタ島にはまだ太陽と砂が主な魅力である熱帯の休暇を探している家族やカップルにアピールする穏やかなスポットがたくさんあります 。ムーランター国立公園内の景色を眺めたり、スキューバダイビングに参加したり、文化を楽しんだり、ビーチでリラックスしたりして、ランタ島にはさまざまなものがあります。

こちらをお読みください:
ランタ島を訪れるのに最適な時期
ランタ島への行き方
ランタ島周辺の行き方
ランタ島の人気アトラクションとアクティビティ
ランタ島で食べたり飲んだりするのに最適な場所

ランタ島を訪れるのに最適な時期

ランタ島を訪れるのに最適な時期

タイの多くの島々と同様に、ランタ島は雨季と乾季があります。通常タイでは、乾季にはまだ多くの降水量があるので、雨が全く降らない日を期待しないでください。しかし、ここランタ島の乾季は、他の人気のあるタイの島々のいくつかよりも降水量が少ない傾向があるのでランタ島がより長い観光シーズンになります。

島で最も忙しい時期は12月から3月の間ですが、観光客の数は10月から4月にかけて増えています。これは乾季であり、卓越風が多くの乾燥した空気をもたらし、降雨量の少ない晴れた暑く乾燥した日をもたらします。今シーズンの終わりまでには、ランタ島は実際にかなり乾燥してほこりっぽくなる可能性があるため、3月または4月に訪れるのは必ずしも最適な時期ではありません。

5月に入るのは、天気が本当に変わるときです。風は方向を変え、たくさんの雨天をもたらし、島を通常の青々とした熱帯の緑に戻すのを助けます。このため、5月から10月はしばしばグリーンシーズンと呼ばれ、この時期には訪問者数が大幅に減少しますが、だんだん観光客はランタ島が実際に1年中いつでも訪れるのに最適な場所であることがわかっています。降雨量ははるかに多く、毎日雨が降りますが、通常、暴風雨は数時間しか続かず、いったん終わると、通りがあっという間に乾きます。

年間の平均気温は約25〜32°Cの範囲で、2月、3月、4月は日中の最高気温がわずかに上昇しますが、海水温は年間を通じて29°Cのままです。

ランタ島への行き方

ランタ島への行き方を説明する前に、いくつかの重要なことを知る必要があります。ランタ島はクラビ県内の地区の名前であり、3つの主要な島で構成されています。島自体はクラビタウンから約70キロメートルですが、最初の島は本土からの道路橋を経由して川を渡らなければならないため、ほとんど島ではありません。あっという間に渡れるので、多くの観光客は自分がちょうど島に入ったことに気づきません!ここから、次の島は道路で接続されていませんが、カーフェリーや他のボートオプションを利用して、このかなり小さな水域を通過できます。

2番目の島はランタノイ島(小さい方)です。この島には観光開発があまりありませんが、見ることやすることはいくつかあります。そのため、ほとんどの観光客は次の島であるランタヤイ島(大きい方)に行き、滞在先を探します。

ランタ島への行き方

ランタノイ島とランタヤイ島を結ぶ道路橋があります。そのため、島へのアクセスが非常に簡単になります。ランタノイ島について観光施設といえば実際にはないため、このガイドではランタヤイ島に焦点を当てます。

島とその場所がわかったので、タイの他の人気のある場所からランタ島への行き方を説明します。

クラビからランタ島へ

クラビからランタ島へ
クラン島とランタノイ島の間の短距離を往復するカーフェリー © Andrey Burstein / Shutterstock.com

クラビタウンは、タイ南部の多くの地域への人気のある玄関口です。ランタ島に最も近い主要都市であり、最も近い空港もあります。タイとアジアの他の場所からクラビ国際空港への便があり、ロシアとスカンジナビアからいくつかの季節のチャーターがあるので、休暇のためにランタ島に直行する場合は、クラビ空港に直接飛ぶことができます。

旅行予約ウェブサイト12Go.asiaを通してクラビからの乗り継ぎをオンラインで予約できます。それらを介して予約すると、必要な短いフェリーの乗車を含む、乗り継ぎ全体をカバーするチケットを購入できます。クラビ空港からランタ島に旅行する場合は、シートランディスカバリーでバンでランタヤイ島のサラダン桟橋に行くか、クラビ空港シャトルでバンに乗ることができます。彼らのチケットはシートランよりも少し手頃な価格であり、宿泊しているホテルへのホテル送迎を含むという利点があります。プライベートタクシーサービスもありますが、これにはかなりの費用がかかりますが、より個人的でプライベートなサービスが提供されます。

また、クラビタウンからバンを入手してランタ島のどのホテルにでも連れて行くことができます。これらは最初の選択肢よりもさらに安いです。別の爽快な何かをしたい場合の最後の選択肢は、スピードボートに乗ることです!これらはクラビタウンに近いビーチリゾートのアオナンから入手できます。

プーケットからランタ島へ

プーケットからランタ島へ
ランタ島へ向かうサトゥーンパクバラクラブスピードボート。 © spcthailand.com

タイを旅行して最高の島々を探検するなら、おそらくいつかプーケットを訪れることでしょう。プーケットとランタ島はフェリーで結ばれています。これは人気のある観光ルートであるため、いくつかのフェリーがあり、エキサイティングなスピードボートの選択肢もあります。

クラビからの乗り継ぎの場合と同様に、プーケットのホテルからの送迎を含めたい場合は、12Goで複合チケットを購入できます。これらは利便性に優れており、旅行のすべての区分を個別に購入しようとするよりも少しお金を節約できます。ピピクルーザーとアオナン旅行とツアーが運航するフェリーがあります。これらは他の選択肢と比べてリーズナブルな価格ですが、通常のフェリーなので時間がかかります。所要時間は5〜6時間かかります。スピードボートは明らかに高速です!タイガーライン・トラベル、サトゥーンパクバラスピードボートクラブ、ブンダーヤスピードボートの3つの選択肢があり、プーケットのラッサダ桟橋からランタ島のサラダン桟橋までのチケットを入手できます。これにはたった約1.5時間かかります。

バンコクからランタ島へ

バンコクからランタ島へ
クラビ国際空港 © Decha Kiatlatchanon / Shutterstock.com

バンコクのにぎやかな通りから素敵な島の休暇を探しているなら、ランタ島は完璧な場所かもしれません。バンコクからランタ島までの道のりはかなり長いものです。直線では約700キロメートルですが、道路を行く場合はそれよりもさらに遠くなります。ただし、お金を節約したいと考えており、十分な時間がある場合は、道路での旅行も可能です。バンコクの中心部からランタ島までの短いフェリー横断を含むいくつかのバス会社があります。12Goでチケットを予約すると、バスで旅行するのが適切かどうかを判断する前に、簡単にスケジュールを見つけたり、価格を確認したり、顧客レビューを読んだりできます。約18.5時間かかる可能性があるため、本当に確認する必要があります!

所要時間を大幅に短縮したい場合は、バンコクからランタ島までの飛行がはるかに優れた選択肢です。クラビへの飛行機に乗って、ランタ島への乗り継ぎを予約できます。この旅の両方の部分は、12Goを通じてオンラインで予約できます。

ランタ島周辺の行き方

最大の島であるランタヤイ島でさえ、それほど大きくはありません。面積はわずか81平方キロメートル、長さ25キロメートル、幅6キロメートルであるため、上から見るとかなり長くて細い島です。 島の背骨のように見えるその中心を通る長細い丘があります!島には多くの道路がありませんが、開発がそれほど多くないことは珍しくありません。主要道路では、その多くに舗装された表面がありますが、舗装されておらず、非常に悪い形状の多くにも出くわします。道路があまり良くないエリアに滞在している場合、タクシーが近くのリゾートにあなたを降ろして、未整備の道を運転しなくて済むようにしたいかもしれません!

ランタ島にはたくさんのバイクがあります。これは多くの地元の人々にとって最適な乗り物だからです。このため、バイクのタクシーに出くわしますが、それを気に入らないのであれば、タクシーとしても機能するピックアップトラックもあります。タクシーを利用するのは非常に手頃な価格ですが、前述のように、実際に降車する場所に注意してください。

ランタ島周辺の行き方

ランタ島周辺を自分で移動したい場合は、自分でバイクをレンタルするか、より高価で安全なジープのような車を選ぶことができます。いずれにしても、特に未舗装の道路では、状態が非常に急速に悪化する可能性があるため、ゆっくりと慎重に運転する必要があります。

他の島の1つに行きたいときは、ロングテールボートが最適です。手頃な価格のツアーを購入すると、1日中海上から景色を眺めたり、シュノーケリングに行くためにロック島のような場所に立ち寄ったりすることができます。ロングテールボート、改造漁船、スピードボートなどでこれらのツアーを提供するいくつかの小さな会社があります。

ランタ島の人気アトラクションとアクティビティ

ランタ島には、このような小さな島のための驚くほど多様なアトラクションがあります。ビーチでリラックスするだけの場所を探しているなら、太陽と砂浜の目的地として素晴らしいです。他の人気のあるタイの島々よりも静かなビーチがあるランタ島は、ビーチでリラックスした日を過ごすのに最適な場所です!ここにも美しい景色がありますが、ランタ島をより多様にしているのは、その文化的歴史です。

ランタ旧市街

ランタ旧市街
ランタ島旧市街 © Natalia Sidorova / Shutterstock.com

ランタ旧市街は、島の文化史を体験できる場所の1つです。当初はバンシーラヤという名前で、今日はランタオールドタウンとして知られています。島の東海岸に位置するこの小さな村は、かつてランタ島の商業の中心地であり、主要港でした。島の現在のメインタウンであるバンサラダンとは非常に異なる雰囲気を提供します。何百年も前の高床式の建物があり、現在はそれらの多くは店や趣のあるゲストハウスになっています。ここには民族の歴史に由来する様々な民族融合があります。中国の商人、何世代にもわたってここに住んでいたタイの漁師の家族、古代からここにいると信じられている海の漂白民のコミュニティがあります。仏教寺院、中国の寺院、そして海を見下ろす素晴らしいレストランもあります。ランタ島にいる間は必見です。

バンサラダン

ランタ島の主要な町であるバンサラダンを通過するか、ここに滞在することさえできます。町にはフェリーの桟橋がありますのでここに到着します。島のツーリストセンターとして、小さな食料品店、銀行、ツアーオペレーターなどの観光客向けのほとんどのショップがあります。ツアーを予約したり、ダイビング旅行を手配したい場合は、バンサラダンに向かいましょう。

ムーコランタ国立公園

ムーコランタ国立公園
ムーコランタ国立公園の灯台 © Anil Varma / Shutterstock.com

ムーコランタ国立公園は、ランタヤイ島とランタノイ島の両方、およびグループ内の他の14の島々を組み込んでいます。国立公園は1990年に設立され、ランタヤイ島に数百年住んでいたチャオ・レイと呼ばれる海の漂白民の一族を含む自然と文化的環境を保護しています。国立公園の無人島は、シーカヤックツアーやボートツアーで訪れることができます。観光がまだ影響を与えていないこれらの島には、手つかずの自然のままのビーチや入り江があります。

島の中心部にあるこれらの印象的な洞窟は、ビーチからのエスケープになります。移動に問題がある人には適しておらず、幼い子供にはお勧めできませんが、洞窟は美しく、多くの鍾乳石や石筍、巨大な空洞があります。しかし、これらに到達するには、狭いトンネルと滑りやすいはしごを下る必要があります。ガイドが同行しますが、訪問の際には適切な履物を着用してください。

ランタ島でのダイビングとシュノーケリング

ランタ島でのダイビングとシュノーケリング
シュノーケリング、ロック島

国立公園内の島の静かな入り江やビーチのいくつかは、ロック島のように遠くまで行きたくない場合に、リラックスしたシュノーケリングやダイビングの素晴らしい機会を提供します。本物のスキューバダイビングを体験するには、ランタ島からさらに旅をして、日帰り旅行、または数日間の船旅をお楽しみください。他のいくつかの島よりも価格が高くなりますが、それはこれらの優れたダイビングサイトに到達するために遠くに旅行しているからです。

ランタ島のビーチ

ランタ島のビーチ
クロンジャークビーチまたはクロンチャクビーチ

ランタヤイ島はビーチで有名です。島の西海岸では、何キロメートルもの砂浜があり、本質的に別のビーチにつながっているため、海岸は長いビーチのようなものです。バンサラダンに最も近いのは3 kmの柔らかい砂と島の多くのリゾートやホテルが並んでいるクロンダオビーチです。それにもかかわらず、ハイシーズンでも混雑しません。この海岸のビーチの多くは1キロメートル以上あるため、静かな場所を見つけるのは簡単ですが、もっと静かなビーチを探している場合は、ホテルとリゾートが少なくビーチが小さい島の南端に向かいます。クロンジャークビーチとバンブーベイ and Bamboo Bayは、訪れることも、近くに滞在することもできます。

ランタ島で食べたり飲んだりするのに最適な場所

ランタ島で食べたり飲んだりするのに最適な場所

ランタ島に来る観光客に魅力の多くは、他のタイの島々よりもはるかに静かであり、これはレストランやバーにも当てはまることです。バックパッカーや若い人たちのために、ここには十分なバーがありますが、他の島の有名なクラブシーンではありません。ランタ島はカップルや家族にもっとアピールするので、レストランやバーは彼らに向けられています。

ランタ島では、たとえばプーケットのように国際的なレストランの多種多様な組み合わせを見つけることはできませんが、食事をするのに最適な場所はまだあります。観光客はより本格的なタイ体験のためにランタ島に来るので、より伝統的なタイ南部料理を提供する場所がたくさんあり、多くの素晴らしい魚やシーフードのレストランもあります。たとえば、魚のレストランで夜の食事を海辺で過ごすことが同様のヨーロッパでの価格のごく一部でできます。魚や魚介類を楽しむなら、人気のランタ島の料理は「ウィングシェル」で、スパイシーなディップを添えて食べます。カニ、カキ、ロブスターなどの珍味だけでなく、常にその日の獲物があります。

キンディーレストラン

キンディーレストラン

ロングビーチのすぐそばにあるキンディーレストランは、ランタ島のトップクラスのレストランで、タイ料理と西洋料理の融合で非常にリーズナブルな価格で快適な高級感を提供しています。地域特産のマッサマンカレーなどの料理を手に入れ、チリチョコレートガナッシュなどのデザートにユニークなもので仕上げることができます!この小さな場所は常に人気があるので、ハイシーズン中にランタ島を訪れるなら、おそらく前もってテーブルを予約すべきです!

フレンチベーカリー

フレンチベーカリー

時々タイ料理から休憩するのはいいことですので、何か違うものが欲しいときは、フレンチベーカリーが最適です!かやぶき屋根のこのかわいい店は、ビーチから1つ通りを離れています。自家製ピザを専門としていますが、あらゆる種類のフランスのベーカリー製品に加えて、ハンバーガーやその他のファーストフードの品揃えもあります。ちょっとした食事をしたり、デザートを食べたり持ち帰ったりするのに最適な場所です。

ランタ島のベストバー

ランタ島のベストバー

既に述べたように、ランタ島はナイトライフに満ちた典型的なタイの島ではありません。それどころか、ここのナイトライフはゆっくりしたペースでリラックスしていますが、本当に興味あれば、もっと騒がしい所があります!良いことは、島の全体的なリラックスした雰囲気です。 ここには毎シーズン何千人もの酔っ払いの観光客に問題がないため、警察の存在は少なく、犯罪率は低いです。 これが家族やカップルに人気のある別の理由です。ビーチサイドのバーで椅子を引き上げて静かな夜を過ごしたり、素晴らしい音楽と素晴らしい夕日の景色が楽しめるランタパラダイスビーチリゾートのマジェスティックバー、または毎週金曜日にライブミュージックが楽しめるクロンダオビーチのチーキーモンキーバーに足を運んでください。これらはランタ島の高評価のバーのうちの2つです。

How useful was this post?

Click on a star to rate it!

Average rating / 5. Vote count: