フィリピンのまばゆいばかりの首都マニラは、スペインの植民地時代の建築とモダンな高層スカイラインを組み合わせた魅力的な街です。古いマニラ、砦、美術館、教会があるマニラは、歴史や文化に興味がある人には理想的な場所ですが、現代的な面では素晴らしいショッピングを探している国際的な旅行者にも適しています。どちらにしても、マニラには見ることやすることはたくさんありますが、逃避を必要としていてそしてどこかより静かでより風光明媚に憧れているとき、プエルトプリンセサは最適な場所であるかもしれません!パラワン島のこの沿岸都市は、忙しいマニラよりもはるかに人口が少なく、すぐそばに素晴らしいビーチがあり、プエルトプリンセサ地下河川などの美しい景色、そして魅力的なシーフードレストランがあります。

マニラからプエルトプリンセサの旅行選択肢

マニラからプエルトプリンセサの旅行選択肢

マニラからプエルトプリンセサまではかなり長い道のりです。都市から都市へ直線で行ったならば、約600キロメートルの旅行になり、そしてプエルトプリンセサは島なのでいくつかの長い水域を横断しなければなりません。幸いなことに、マニラからプエルトプリンセサへ飛行するという選択肢があり、それはいくつかの航空会社によって運営されているルートです。しかし、飛行が唯一の選択肢ではありません。ゆっくり旅行したい場合は、フェリーでマニラからプエルトプリンセサまで旅行することができます。フライトよりも時間がかかりますが、時間があれば楽しく面白い経験になるでしょう。

マニラからプエルトプリンセサの旅行

マニラからプエルトプリンセサの旅行
マニラのニノイアキノ国際空港。滑走路にあるセブパシフィック航空 © Rainier Martin Ampongan / Shutterstock.com

まずマニラからプエルトプリンセサへの一番簡単でと迅速に行ける飛行方法から説明しましょう。3つの異なる航空会社は1日あたり約10便を提供しています。セブパシフィック、フィリピン・エアアジア、フィリピン航空のいずれかなので、既存のスケジュールに適合するフライトを見つけるのに問題はありません。マニラからプエルトプリンセサへのフライトは午前4時15分という早さで始まり、終日にフライトがあり、最後の便は午後6時ごろです。これら3社の航空会社はとても似ています。価格や旅行の所要時間がほぼ同じです。飛行時間は1時間15分から1時間30分の間で表示されます。これは、ゲートまでそしてゲートから滑走路までの時間も含まれています。

3航空会社すべての検索結果を旅行予約サイト12Go.asiaで見ることができます。ここで簡単に価格とスケジュールを比較して、そして他の乗客からのレビューを探すことができます。このウェブサイトでは即時予約と確認も提供されているので、個々の航空会社のウェブサイトに行って予約する必要はありません。

最善の価格を得るためにマニラからプエルトプリンセサへの予約をできるだけ早くしたほうがいいです。なぜならば出発日に近くなると価格がだんだん高くなったり、予約が難しくなったり、フィリピンの休暇期間は特にです。

マニラでは、まだ一般的にマニラ国際空港として知られているニノイ・アキノ国際空港から出発します。プエルト・プリンセサでは、市内から数キロ南にあるプエルト・プリンセサ国際空港です。

フェリーでマニラからプエルトプリンセサへ

フェリーでマニラからプエルトプリンセサへ
フィリピンフェリーのスーパーバリュークラス © Happy Auer / Shutterstock.com

どこにでも飛んでいくのに飽きていて、急いでいないのであれば、マニラからプエルト・プリンセサへのフェリーを利用することを検討してください。フェリーはちょっとした冒険への欲求を満たすかもしれませんが、マニラからプエルトプリンセサまでフェリーで移動することにはいくつかの欠点があります。それは所要時間、コスト、そして横断自体です。

フェリーは約24時間かかりますが、どちらかの時間帯に追加すると、おそらく30時間近くになります。フェリーは東南アジアのいくつかの地域を旅行するのに安い方法かもしれませんが、マニラからプエルトプリンセサへのこのフェリーは必ずしも飛行よりお金の節約にはならず、もっとかかります 。詳細は後でもっと述べます。マニラからプエルト・プリンセサまでのルートは荒々しくて危険なことで有名です。したがって、もし船酔いや乗り物酔いに苦しんでいるのであれば、船で24時間過ごすことはおそらくあまり良い方法ではありません!

それにしても、飛ぶことを好まず、ただ違う何かを経験したいのであれば、フェリーは楽しいかもしれません。チケットの選択肢がたくさんあるので、安いスーパーバリュークラスは飛行の料金より安くてお金を節約できます。ツーリストクラスは飛行機で行くより安いはずですが、プエルトプリンセサに到着したら、最初にフェリーへの到着、そしてフェリー港からホテル到着までのすべての関連費用を常に忘れないでください – 空港に出入りするときに負担しなければならない費用も同様です。

より高い価格ともう少し快適さとプライバシーのために、6人用のキャビンか4人用のキャビンを予約することもできます – 一緒に旅行する家族に最適です – または予算を無視して完全なプライバシーのために客室を選ばれます。これらの宿泊選択肢の中には、飛行のコストよりも値段が高いものがありますが、夜中にホテルに滞在するコストを節約できたことを覚えておいてください。そのため、実際には、交通費とホテル費の合計が飛行をより高価な選択肢にします。

いくつかのフェリー会社がありますが、2GO Travelトラベルでのご旅行をお勧めします。彼らは信頼性で定評があり、彼らのフェリーは素晴らしく、船上でいくつかのアクティビティや食事のオプションが整っています。

マニラからプエルトプリンセサへの旅行には2つの素晴らしい選択肢がありますが、どちらを選択しますか?フェリーで旅行するのは素晴らしい経験であり、ホテルで一晩の費用を節約することができますが、フィリピンで過ごす時間があまりない場合は、飛行機でたった1時間でマニラからプエルトプリンセサまで行けるのでフェリーで一日過ごすのは愚かです!