プーケットやサムイ島に似たピピ島は、タイで最も有名な島の目的地の1つです。映画「ザ・ビーチ」の重要なシーンがここで撮影されたことが発見されてから、多くの観光客を引き付け始めました。もちろん、ピピ島が発見されたのは時間の問題でした。なぜなら、長くて暑く晴れた日から恩恵を受ける驚くほど美しい場所だからです。素晴らしい石灰岩のカルスト風景と島々で有名な緑豊かな内陸のジャングルに囲まれた豪華なビーチでリラックスした一日を過ごすのに理想的な場所です。夜にはパーティーを楽しみたいなら、活気のあるナイトライフがありますが、ピピ島に落ち着いてリラックスしたいなら、静かなスポットもいくつかあります。

一般にピピ島と呼ばれますが、正しい名前はピピ諸島です。アンダマン海に位置する諸島の本拠地であり、西はプーケット、北東はクラビです。全部で6つの島があり、3つの大きな島が最も多くの観光客を引き付けています。ピピドン島が最大かつ最も人口が多く、 ピピレ島が2番目に大きく、多くの人が訪れるビーチがあり、そしてシュノーケリングが限られているメインビーチのマイパイ島(竹島を意味します)は観光客の数が少ないです。このピピ島の旅行ガイドでは、ピピレ島とピピドン島の主要な2つの島に焦点を当てます。

ピピ島を訪れるのに最適な時期

ピピ島を訪れるのに最適な時期

タイのほとんどの地域と同様、ピピ島は熱帯モンスーン気候で、モンスーン中は非常に激しい降雨があり、残りの年は短いが激しい雨が降ります。これはまるで悲惨なように聞こえるかもしれませんが、雨が激しいにもかかわらず、島は年間を通して太陽と暑い気候の恩恵を受けています。これは、ピピ島を一年中いつでも効果的に訪れて太陽と暖かさを楽しむことができることを意味しますが、最高の天気を利用したい場合はもちろん訪れるべきより良い時期があります。

ピピ島には、雨季と暑い季節の2つの季節しかありません。雨季は5月から12月までで、降水量は7月にピークに達するため、今月はピピ島を訪れるのに適した時期ではないでしょう!暑い季節は一年中暑いため、少し間違った呼び名です。1月から4月の間は数度だけ上昇する傾向があります。実際、年間を通して気温の変動はそれほどなく、平均範囲は25〜32°Cです。

ピピ島は暑い時期に最も混雑することを覚えておいてください。これは、ほとんどの訪問者がより低い降雨の時期を存分楽しみたいからです。人気のあるビーチはこれらの時期満員になる可能性があるため、ピピ島に雨季の少し前でも、または雨季の終わりころに旅行することができれば、はるかに静かでゆったりできることがわかります。また、宿泊施設に関してより良い取引ができる可能性があります。

ピピ島への行き方

ピピ島への行き方

ピピ島はプーケットの南東約50キロメートル、アンダマン海のクラビタウンの南西約34キロメートルです。すべてのピピ島は小さいため、独自の空港はありません。したがって、ピピ島への唯一の行き方はボートです。1日1ボートのみ、またはこれより少ないボートの時代は終わりました!ピピ島は非常に人気があり、島を複数のフェリーが運航しており、さまざまな場所から出発しているため、どこから出発しても簡単にアクセスできます。最も人気のあるいくつかの出発地からピピ島への行き方の詳細を以下に示します。

プーケットからピピ島へ

プーケットからピピ島へ

プーケットでしばらく過ごした後、いくつかの近隣の島々を旅行したい場合、プーケットからピピ島への旅行は毎日多くのボートで簡単です。

スピードボートやオールインクルーシブツアーなど、他のオプションもありますが、公共のフェリーで行くのが最も手頃な料金の旅行方法です。多くの観光客はフェリーを利用する傾向がありますが、これらは簡単で安価であり、毎日選択できるものがたくさんあるためです。プーケットの桟橋ですぐにフェリーチケットを購入できます。実際には、プーケットにはピピ島に行く出発桟橋が2つあります。ラッサダ桟橋とシーエンジェル桟橋。チケットは桟橋では良い価格ですが、価格が高騰していると値切る必要がある場合があります。この問題を回避したい場合は、固定料金を支払うことでフェリーに座席があることが確実に分かるため、事前にオンラインでチケットを購入することをお勧めします。

12Go.asiaなどの旅行ウェブサイトは、複数の選択肢を提供するのでフェリーチケットを入手する最適な場所です。フェリーチケット(またはスピードボート)のみを選択することもできますが、ホテルまたはプーケット空港からの送迎を含む複合チケットを購入することもできます。これにより、12Goがすべてを実行できるワンストップWebサイトを提供するため、検索の手間と時間を大幅に節約できます!

プーケットからピピ島へのフェリーは1.5〜2時間かかりますが、他の場所から移動する場合は、移動時間も旅行に追加する必要があることは明らかです。フェリーは、あなたがどこから来たかに関係なく、ピピ島の同じ場所、ピピドンの南海岸にあるトンサイ桟橋に到着します。

クラビからピピ島へ

クラビからピピ島へ

クラビからピピ島への移動はもう1つの人気のあるルートです。人気があるため、クラビタウンとアオナン、ノッパラット、ライレイなどの周辺地域から多くのフェリーを見つけることができます。

クラビタウンからのフェリー自体はクロンジラド桟橋から出発します。通常、ここからピピドンのトンサイ桟橋までは1日あたり約4本の航海があります。フェリーは約90分かかり、どこで購入しても手頃な価格です。プーケットからのフェリーと同様に、桟橋で直接チケットを購入できますが、12Goなどのウェブサイトで事前に購入すれば、乗り継ぎを含む豊富な選択肢の複合チケットがあるのでお勧めします。これで柔軟性が向上し、最初にクラビの他の場所から旅行することを心配する必要はありません。クラビ空港、ビーチリゾート、クラビタウン自体からの送迎があり、フェリーに間に合うように桟橋で降ろされます。

バンコクからピピ島へ

バンコクからピピ島へ
プーケットに着陸するタイ航空機 © Naypong / Shutterstock.com

タイでの休暇でまだ南に行っておらず、バンコクからピピ島に行くことを検討している場合は、検討すべきさまざまな交通手段があります。バンコクからピピ島までの道のりは長く、約830キロメートルなので、距離を過小評価しないでください。この長距離のため、バンコクからクラビへのフライト便に乗り、空港からフェリー乗り場の桟橋に乗り換えることをお勧めします。2番目の選択肢は、プーケットに飛んで、そこからフェリーに乗り換えることです。実際の移動時間はこれらの選択肢の両方でほぼ同じですが、全体的な移動にかかる時間は実際にうまく乗り継ぎできるかどうかによって異なります。たとえば、その日の遅い時間に飛行機に乗る場合は、フェリーに乗るには、翌日まで待たなければならないことがあります。スケジュールを注意深く確認してください。繰り返しになりますが、12Goはバンコクからピピ島までのさまざまな旅行選択肢を提供します。列車のような選択肢も含まれます。

ピピ島周辺の行き方

ピピ島周辺の行き方
トンサイ地区 © General photographer / Shutterstock.com

想像するのは難しいかもしれませんが、ピピ島には交通手段がまったくありません。ゼロ。それは、公共交通機関の選択肢がないことを意味するだけではありません。商品を輸送するためにサイドカーで使用されるごく少数のオートバイを除き、島には機械化された車両がありません。一部の人々にとって、これは良い知らせでしょう。島の周りを走り回る観光客のバイクの絶え間ない騒音を聞かなくて済むからです!しかし、ボートでの旅行を楽しんでおらず、自転車や徒歩が好きでない人は、これらの3つの方法が唯一の手段であるため、多くの島を見るのに苦労するかもしれません 。

そうは言っても、フェリーの出入りするトンサイ地区に滞在していれば、どこもが決して遠くはありません。ビーチ、泊まる場所、食べる場所、飲む場所はすべてこのコンパクトな小さな町のすぐ近くにあるので、どこへでも歩いて10分もかからないでしょう。もっと遠くに出たいときは、ボートで移動するのが最善の方法です。ボートで移動すると、島の反対側にすぐに行けます。歩いたりサイクリングしたりするよりもはるかに速く移動できます。これに加えて、ボートでの移動は非常に美しい景色を楽しむ方法であり、ロングテールボートの非常に騒がしいエンジンがなければ、リラックスできるでしょう!

ピピ島でボートで旅行するのは安くて便利です。これらは島のタクシーであり、わずか数百バーツ以下で通常のルートをカバーします。また、ロングテールボートを借りドライバーを雇いツアーに行くこともできます(たとえば、他の島を訪れる)。費用は予想よりもはるかに安くなります。

運動をしても大丈夫なら、道路があるので自転車で島を探検するのは本当に素晴らしく、車がなければ道路は静かで安全です。

ピピ島の人気アトラクションとアクティビティ

ピピ島の人気アトラクションとアクティビティ
ピピレ

ピピ島の魅力はその景色にあります。これらの島は、世界で最も美しい島の一部として有名であり、最もアクセスしやすい島でもあります。ピピ島の素晴らしさを世界に示すために映画を撮ったのかもしれませんが、観光客は、多くの訪問者が島にどれほどの損害を与えたかを認識すべきです。観光客がここに来て意図的に散らかすわけではなく、島への影響が明らかになるまで、開発と観光客数の増加が制限されなかったためです。幸いなことに、被害に気づき、当局は現在、訪問者の数、開発、およびこれらの島を大衆が発見する前と同じように美しく保つことを厳しくしています。ピピ島に来るとき、すべての訪問者がこのことを念頭に置いて、これらの素晴らしい島々が次世代のために素晴らしいままでいられるようにすることが重要です。

とはいえ、ここには、ピピ島で最も美しいビーチや他の自然の光景がいくつかあります。それらは、島ごとにリストされています。

ピピドン

トンサイ湾とビーチ
ピピドン

ピピ島の主要な「町」として、ここはピピ島を1日以上にわたって訪れる際に大多数の観光客が滞在する場所です。トンサイには必要なものがすべて揃っているので、物資が必要な場合に訪れるには間違いなく便利な場所であり、フェリーを降りるときにここを通り抜けます。この辺りの景色でさえ、息をのむような美しさです。トンサイのすぐそばには素晴らしいロッククライミングのあるビーチがありますが、少し静かにしたい場合は、歩いたり、カヌーを借りたり、ロングテールボートでモンキービーチに行くことができます。名前が示すように、いくつかの猿に出くわして楽しさが増大するかもしれません。しかし、注意してください、彼らはかわいいように見えるかもしれませんが、近づきすぎると、彼らは強く噛みつきます!

ピピ観察スポット
ピピ観察スポット

実際、このトレイルには3つの異なる観察スポットがあり、それらの最後のほうに到達するために努力する価値があります。ピピドンの眺めは絶景で、トンサイからトレイルに簡単にアクセスできます。それは激しいハイキングですが、トレイルが数百のステップを登り、曲がりくねっている狭いトラックをたどるので、たくさんの水を持って行く必要があります。3つの観察所のそれぞれにアクセスするには少額の入場料が必要です。二番目の観察所には、さらに必要なときに飲み物を購入できる小さなお店があります。最後の観察所からは、降りて戻るあるいは島の東海岸にある静かなビーチに行くために、さらにジャングルを散策することができます。

ロングビーチ

この人気のビーチはトンサイから徒歩約30分、またはハイキングの代わりにロングテールボートに乗ります!柔らかい白い砂浜とアクアマリンの海は、家族やカップルで人気のあるビーチです。海岸のすぐ近くのサンゴの間でシュノーケリングができます。

ピピレ

アオマヤ
アオマヤ

アオマヤ、またはマヤ湾は、ピピ島の名場所です。これは映画「ザ・ビーチ」で大々的に取り上げられた湾なので、当然誰もが訪れたいと思っています。景色は信じられないほど美しいですが、アオマヤは上記のような悪影響を被っています。訪問者数は現在より制限されており、訪問するには100バーツの入場料があります。かつて湾の水面を冠していたサンゴは、現在残念ながら大部分が死んでいます。映画のシーンを再現するには、ボートが他の場所から到着する前の早い時間にここに到着する必要があります。 可能であれば、10月から5月の間は訪問しないでください。

アオピレ

ピレ湾または入り江としても知られていますが、ここの景色も壮観です。この湾とラグーンの入り口に集まっている高くそびえる石灰岩の崖が特徴で、その海は印象的なエメラルドグリーンです。湾で泳いだりシュノーケルをしたり、トンサイからロングテールボートで約30分で到着できます。

ピピ島で食べたり飲んだりするのに最適な場所

ピピ島はこのような小さな島々で構成され、ここには非常にさまざまな飲食場所があります。ピピドンは唯一人が住める島で、実際に滞在できるのはこの島だけです。したがって、宿泊施設、レストラン、バーはすべてこの島だけにあります。これとは別に、ピピ島を楽しむ際に心に留めておくべきことがいくつかあります。島では大規模なものは何も生産されていないため、ほとんどすべてのものを本土から持ち込む必要があります。これは、タイ全体で慣れているものと比較して、食べ物や飲み物の価格が高くなることを意味します。あなたが家の味を渇望しているなら、世界中の隅々からの料理がありますが、同様により本格的なタイ料理の店もあります。タイ料理の多くはタイ南部の影響を受けているため、非常に辛い場合があります。シーフードも当然のように人気のあるメニューアイテムです。

P.P. ワンタフ
P.P. ワンタフ

他の国の料理を専門とするレストランの1つはP.P.ワンです。 ここでの主な焦点は和食と寿司ですが、ステーキハウス、タイ料理レストラン、シーフードレストランであることを示唆するさまざまなメニューがあります。メニューのすべてがとても新鮮で美味しいため、このレストランのレビューは5点中5点です!

モンスターバーガー
モンスターバーガー

よりカジュアルな雰囲気とファーストフードを求めるなら、ピピ島のモンスターバーガーは常に大人気です!健康的なファーストフードの選択肢として販売されているこのハンバーガー店は、巨大で健康的な食材で満たされた「モンスターバーガー」を提供します。ビーガンとベジタリアンの選択肢もありますが、基本的には、必要な材料を記入して独自のバーガーを作ります。

ピピ島のベストバー

ピピ島のベストバー
ストックホルム症候群 © mikecphoto / Shutterstock.com

ナイトライフを楽しむには、トンサイまたはローダルム湾周辺に滞在する必要があります。2種類のバーがあります。愛する人とリラックスした夜を過ごせる、のんびりした雰囲気のバーと、音楽の重低音が響くバーです。もちろん、ピピドンの混雑の少ない地域のホテルやリゾートに近いビーチ沿いには、より静かなバーがいくつかあります。そのため、夜にトンサイに行く必要はありません。

トンサイで人気のあるバーの中から選択できるものはかなりあります。レゲエバルは常に人気があります。ここでは、ほとんどの夜にムエタイの試合を組み合わせており、一般的には模擬試合ですが、ビールを飲みながら見たり、参加したりするのも面白いです!ストックホルム症候群は、もう一つのピピ島のナイトライフで人気のある店です。町の中心部にあり、ビリヤード台、ビールポン、音楽などのアトラクションがある2階にまたがり、常に混雑しています。

もっと本格的なビーチバー体験をお望みなら、ローダルム湾のサンフラワービーチバーとレストラン に向かいましょう。これは、ソフトな音楽を演奏するリラックスできるビーチサイドバーで、ハンモック、ボートシート、マットなどのたくさんの座席選択肢があり、リラックスした雰囲気があります。間違いなく夜を静かに過ごせる場所です。

How useful was this post?

Click on a star to rate it!

Average rating / 5. Vote count: