サムイ島とパンガン島はよく知られており、人気がありますが、それらはバンコクからかなりの距離のところにあり、道路や鉄道で丸一日を過ごす必要があります。サメット島は別の話です。 タイの湾の東側に位置するサメット島は、バンコクにかなり近いです。もしあなたがしばらく都市の喧騒を離れてビーチで時間を過ごしたいなら、この島は理想的な週末の逃走先になります。

こちらについてもお読みください:
タクシーでバンコクからサメット島へ
バスでバンコクからサメット島へ
ミニバンでバンコクからサメット島へ

サメット島を訪れ、美しい白い砂浜、透明な水、そしてサムイ島のような場所より静かな雰囲気を楽しむことができますし、そこまで行くのにほんのわずかしか時間はかかりません。ここでは、バンコクからサメット島へ旅行するさまざまな方法を紹介します。

バンコク発サメット島行きの便

サメット島はバンコクの南東に220キロ(137マイル)しかないので、そこに飛行機で行くことは無理です。サメット島は小さな島で、独自の空港を持っておらず、本土の最も近い空港(ウ・タパオ・ラヨーン・パタヤ国際空港)には、何の需要もないため、バンコクからのフライトはありません。

バンコクからタクシーまたはプライベートミニバンでサメット島へ

バンコクのタクシー
バンコクのタクシー © Kushch Dmitry / Shutterstock, Inc.

バンコクとサメット島の間の距離が比較的短いということは、特にあなたが家族や友達のグループと一緒に旅行しているのなら、タクシーやプライベートミニバンがそんなに費用がかからないことを意味します。利便性の面では、バンコクのどのホテルからでもあなたを連れて来て、ラヨーンのバンぺーフェリー桟橋に直接行くことができるので、このサービスは抜群です。ドライブは約3時間かかりますが、フェリーチケットや島までの運行は含まれていません。あなたがバンペーに到着したら、これを別途購入する必要があります。また、帰りの切符を購入する際の割引はないので、万一あなたがそれを紛失した場合やプランが変更された場合に備えて、片道切符を購入する方が安全です。

フェリーは夜間運行していませんが、運行を停止した後に到着した場合、スピードボートのオプションがあります。これらのスピードボートは24時間稼働し、公共の桟橋で止まるのではなく、行きたい場所に直接降りることができるという利点があります。それらはフェリーよりも高価ですが、フェリーの所要時間の約半分を費やしても早くなります。

バンコクからサメット島までのバスとフェリーのパッケージ

タイの観光バス
タイの観光バス © Rolf_52 / Shutterstock, Inc.

はるかに安い選択肢であり、そしてプライベート・サービスより快適で便利であるとも言われるのはカオサン・トラベルマートからのツアー会社のミニバンです。カオサンロードを出発する、バスとフェリーを組み合わせたチケットを非常に安い料金で購入することができます。すでにフェリーのチケットを持っているので、ラヨーンとバンペー桟橋までバス/ミニバンで行って、フェリーに乗り換えて、約30分後にサメット島に着きます。旅は全部で5時間ほどかかります。これらのバスは通常、バンコクから午前中に出発します。

バンコクからサメット島までのミニバン、ミニバス、バスサービス

バンコク東部バスターミナル、エッカマイBTS駅から徒歩2分
バンコク東部バスターミナル、エッカマイBTS駅から徒歩2分 © Narin Nonthamand / Shutterstock, Inc.

ミニバンでバンコクからサメット島へ旅行するというアイディアが好きなら、バンコクの東部バスターミナル(エッカマイBTS駅)からミニバンを利用することができます。これらはまたフェリー桟橋にあなたを連れて行き、別の手頃な価格のオプションを提供します。または、バンコクの南部地方にいる場合は、南部バスターミナルに行き、バンペーへのミニバスを利用できます。これらは通常、約2時間ごとに出て、ミニバンオプションよりも少し費用がかかります。

バンコクとサメット島間の定期的なバスサービスも利用できます。これらのバスはまた、バンコクの東部バスターミナル(エッカマイBTS駅)から出発し、価格もミニバンに匹敵します。その旅は途中で停留所が増える可能性があるので、少し時間がかかるかもしれませんが、バンペーのフェリー桟橋までは3.5〜4時間ほどかかると予期してください。バスチケットを購入すると同時にフェリーチケットを購入することができます。

モー・チット・バスターミナルの近くでバンコクに滞在している場合は、最終的な選択肢が1つあります。しかし、モー・チットのバスはフェリー桟橋までは行かず、その代わりにラヨーンで止まります。最小限の料金で町からバンペーまで簡単にソンテウに乗って行くことができるので、これは非常に不便ではありません。そして、これをバンコクを渡って他の出発点の1つに行くことと比較すると、モーチットからのバスは 近くにいる人にとってはより良い選択肢であるかもしれません。

サメット島国立公園入場料

最後に注意しなければならないのは、サメット島がカオ・レーム・ヤム・サメット島国立公園内にあるため、島に到着するすべての人は到着時に国立公園の入場料を支払う必要があります。タイのこれらのものの大部分と同様に、入場料は西洋の価格に比べて最小であり、通常の場合のように、観光客はタイの国民よりも多くを支払いますう。