バンコクの寺院、賑やかな街路、そして素晴らしい雰囲気を満喫した。しかし、今度は静かな場所、ビーチでリラックスして、実世界に戻る前の数日間は気楽に過ごすことを求めています。たくさんの素晴らしいビーチの目的地があるので、タイで完璧な場所を見つけるのは難しいかもしれませんが、もしあなたがパーティーの目的地よりも静かな雰囲気を好むのなら、ランタ島は最適な場所かもしれません。

バンコクからランタ島への旅行方法

バンコクからランタ島へは長い道のりです!直進で約700キロメートルですが、道路で行くときは、町や都市を通って進む必要があるのでそれよりもさらに長く、タイの東海岸のランタ島まで行くことはかなり大変です。しかし、あなたが楽園のような所を探しているなら、その長い旅は間違いなく価値があります。そのような長距離を移動するための最良の方法は飛行です。これは可能ですが、それでもまだ少し追加の努力が必要です。バンコクからランタ島への旅行で最も人気のある方法はバスで、手頃な値段で、そしてそこまでずっと行くことができる複合チケットを手に入れることができます。しかし、これは非常に遅い旅行方法です。これらの全ての選択について詳しくは、こちらをご覧ください。

これをお読みください:
飛行機でバンコクかランタ島へ
バスでバンコクからランタ島へ
バスとフェリーでバンコクからランタ島へ

バンコクからランタ島までのフライト

バンコクからランタ島までのフライト
クラビ国際空港 © Decha Kiatlatchanon / Shutterstock.com

バンコクからランタ島へ行く最短の方法は飛行機ですが、前述のようにこれは思われるほど簡単ではありません。まず第一に、ランタ島のどの島にも空港はありませんので、最寄りの空港は本土のクラビ空港です。そこから2つの選択肢があります:スピードボートかプライベートミニバンのどちらかです。スピードボートは旅行には最適の方法です – クラビ空港を出たら、まずミニバンで海岸へ行き、次にスピードボートに乗ってランタ島のホテルへの送迎をお楽しみください。海の状態にもよりますが、この移動には1時間から1.5時間かかります。

スピードボートを好まない場合は、代わりにプライベートミニバンでクラビ空港からランタ島へ移動できますが、これにはさらに時間がかかります。旅のミニバンの道のりは2.5から3時間かかります。それでも、これを70分の飛行に追加すると、バンコクからランタ島への移動は他の方法よりも高速になります。

飛行の欠点はコストです。 それは常に最も高価になるでしょう。最高のお得な情報のためによく調べて早く予約しましょう。バンコクのスワンナプーム国際空港からの飛行にはバンコク・エアウェイズ、タイ航空、タイ・スマイル、またはドンムアン空港からのタイライオンエア、タイエアアジア、またはノックエアからの飛行を選択できます。

バンコクからランタ島までの直行バス

バンコクからランタ島までの直行バス
バンコクのモーチットバスターミナル © ltdedigos / Shutterstock.com

手ごわい、予算重視の旅行者にとって、バスは通常唯一の選択肢です!それはバンコクからランタ島への旅行に最も安い方法です、そして、一晩旅行するのでホテルの一泊の費用を節約し、これはさらに費用効率の高い旅行方法にします。しかし、特に時間がかかるという欠点があります。そして、バスの中で長い間閉じ込められるのは、すべての人の好みに合うわけではありません。

トランスポート・コー・インターナショナルはバンコクのモーチットバスターミナルからバスを運行しています。これらのバスでホアヒン桟橋までアクセスできます。ここからランタノイ島(小さな島)までフェリーですぐですが、その後はランタヤイ島(ほとんどのビーチやホテルが位置する大きな島)へ行くのがお勧めです。

それで、バスは安くても、このチケットでランタ島まで行くことはできず、フェリーやある種のタクシーで最終目的地まで行く必要があります。そうは言っても、ホアヒン桟橋で残りの道を行くために複合チケットを提供することができる会社を見つけることは通常問題にならないでしょう。

バスとフェリーでバンコクからランタ島へ

バスとフェリーでバンコクからランタ島へ
本土とランタ島の間の短い旅行に連れて行くカーフェリー © nitinut380 / Shutterstock.com

ホアヒン桟橋に立ち寄ってからランタ島への自分の道を探すという考えが魅力的でない場合は、他にいくつか選択肢があるので心配しないでください!バンコクのフワランポーンから出発するパラダイブ・トラベルで旅行することができます。この旅行でバスとバンを使い、そしてランタ島へ渡るフェリーを使うのでいくつか乗り換えがありますが、どこに行く必要があるかについてパラダイブのスタッフによって指示されるはずです。ランタ島に到着すると、島の主要な村の1つであるバン・サラダンにあるサラダン桟橋に着きます。ここから簡単に目的地に行くことができます。

この複合チケットは当然のことながらバスよりも高価ですが、バスに乗るときにランタ島行きのチケットを購入する必要があると考えると、それほど高価ではありません。

ジョリートラベルバンコクはバンコクからランタ島へ行くためのもう一つの選択肢です。彼らのバスとフェリーの切符はパラダイブと同じくらいの値段で、代わりにカオサン通りから出発します。ジョリートラベルは信頼できる会社ですが、カオサン通りから出発する場合は、そこから営業している多くの悪質なツアー会社があるので注意してください。バスとフェリーの組み合わせの旅は、16.5から18.5時間かかります。

こんなに長い時間バスに乗っていたくないのであれば、最後の選択肢は旅を部分的に計画することです。ランタ島行きのバスに乗る前に、スラートターニーへ旅行して1、2泊することも可能です。