東南アジアを訪問するとき、探検するべき多くの都市がありますが、最も良いのはバンコクとヤンゴンです。タイの首都バンコクは眠らない街です。活気に満ちたストリートライフには市場や屋台があり、たくさんの素晴らしい寺院、公園、宮殿で飾られています。バンコクより少し小さいですが、ヤンゴンも大規模で活気のある街です。以前はラングーンとして知られていて、2006年までミャンマーの行政首都であったヤンゴンは、今日では同国の商業首都です。壮観な塔で飾られ、そしてその植民地時代の中心地は、東南アジアで最大の植民地時代の建物で美しく保存されています。両都市には類似点があります。しかしどちらの都市も自分達のランドマークや文化を直接経験するために訪れる価値があります。

バンコクからヤンゴンへの旅行選択肢
タイのメーソット近くのタイとビルマの国境検問所 © Karasev Victor / Shutterstock.com

バンコクからヤンゴンへの旅行選択肢

陸路で移動すると、バンコクからヤンゴンまでの最短ルートは約830キロメートルであるため、この2つの都市の間はかなりの距離です。バンコクからヤンゴンまでは車で行けますが、タイからミャンマーへは国際的な国境を越えることになるので注意が必要です。(これについて詳細は以下に)これはそれほど難しいことではありませんが、時間と手間がかかる場合があります。おそらくより良い選択肢は、バンコクからヤンゴンへの飛行機です。それは確かに運転するよりはるかに速いです、そして非常に合理的な費用で飛行機のチケットを手に入れることができます。

タクシーでバンコクからヤンゴンへ

タクシーでバンコクからヤンゴンへ

タクシーで約830キロメートルの旅を考えるのは不思議に思えるかもしれませんが、実際にはそう聞こえるほど狂気ではありません!タクシー会社グラスフラワーで旅行ウェブサイト12Go.asiaを通して個人タクシーを予約することができます。彼らは9人乗りのバンでバンコクのホテルに迎えに行き、そしてヤンゴンのホテルまでずっと連れて行きます。都合のいいことに、これは何も心配する必要がないので簡単に旅行するための最良の方法です – どちらの端でもバス停や空港への送迎はありません。素敵でシンプルなドアツードアサービスです!

では、コストはどうですか?バン全体の料金は高価ですが、家族や友人と旅行している場合は、乗客1人あたりの料金を分割できます。バンコクからヤンゴンまでタクシーで旅行する人が9人いる場合は、多くの航空券の料金よりもさらに安くなるので、グループで一緒に旅行する場合、実際には手頃な料金のオプションです。

もちろん、唯一の欠点は時間がかかることです。予定所要時間は約15時間です。これには、洗面所の使用、食べ物の入手、足の伸ばすための短い停車がいくつか含まれます。また、国境を越えるにはしばらく時間がかかります。国境を越えることに関しては、方針が常に変わるので旅を始める前に研究をしてください。あなたはミャンマーへの入国を許可されていることを確認する責任があります。母国によっては、事前に観光Eビザを取得することができるかもしれません。

道路で旅行することの素晴らしいところは、たくさんの素晴らしい景色を見れることです。途中、いくつかの国立公園を通り抜け、小さな都市や町を旅するときには、飛行でできないタイとミャンマーの両方で地元の生活を垣間見ることができます。

バスでバンコクからヤンゴンへ

バスでバンコクからヤンゴンへ
モーチットバスターミナルバンコクのチケット売り場 © Hafiz Johari / Shutterstock.com

道路で旅行するという考えが好きで、旅行計画でより自立することを恐れないのであれば、バスでバンコクからヤンゴンへの旅行を検討することもできます。 これは直接のタクシーのオプションよりはるかに不便ですが、それはかなり安いです。最初にモーチットのバンコク北部バスターミナルに行かなければならず、その後メーソートというタイ側の国境の町へのバスに乗る。VIPバスが最善の策で、8時間もかかりますが、遅い標準バスは11時間もかかります。

メーソートのバスターミナルから国境まで約4キロで、バイクやトゥクトゥクで行けます。国境を越えてミャワディの町を通過したら、徒歩またはバスの停留所まで車で行き、その後再びバスに乗ります。道路は以前よりも形状が良くなっているので、これは聞いたほど不快な乗り心地ではありませんが、それでもなお非常に長い時間がかかります – 全部でさらに12時間かかります。国境までたどり着くまでの時間にこれを加えれば、これは非常に長く困難な旅であり、気の弱い人には向いていません!

バンコク発ヤンゴン行きの便

バンコク発ヤンゴン行きの便
バンコク北部のドンムアン空港にあるタイライオンエア、ノックエア、タイエアアジア © Camera_Bravo / Shutterstock.com

道路での移動は非常に時間がかかるので、多くの観光客にとってバンコクからヤンゴンへの旅行に好まれる方法は飛行です。バンコクの両空港、スワンナプーム空港、ドンムアン空港からは毎日多くのフライトが出発しています。また、さまざまな航空会社の中から選択することができるので彼らの競争で価格は常に低価です。

最も安いオプションを探しているならば、予算にやさしい航空会社がドンムアン空港を使う傾向があるのでこの空港から飛ぶのが最善でしょう。ノックエア、タイライオンエア、およびタイエアアジアは毎日バンコクからヤンゴンへの複数のフライトを提供しています。予定飛行時間は45分から1時間20分です。

バンコク発ヤンゴン行きの便
スワンナプーム国際空港はタイ航空とバンコクからの長距離便の拠点で使用されています

飛行機の座席をもっと快適にしたい場合は、スワンナプームからのフライトを選択してください。飛行機がより広くなるだけでなく、チケットには20kgの手荷物許容量が含まれています。スワンナプームからは、タイスマイル、ミャンマー国営航空、バンコク航空、タイ航空のいずれかでご利用いただけます。チケットの価格は上がりますが、できる限り早く予約しておくと、旅行の曜日と時間を最大限に節約して柔軟に対応できます。