タイ北部の真の風情については、タイのゴールデントライアングル地域にあるチェンライの街を訪ねてください。チェンライでは、南部のバンコクで経験したこととは雰囲気、料理、そして人でさえも違います。チェンライは、タイ北部のこの地域への玄関口として、そこから出かけて探索できます。しかし、チェンライには、見事なホワイトテンプル、数多くの美術館、美しい景色など、独自の魅力的なアトラクションもいくつかあります。タイを訪れて文化に浸っている場合は、バンコクからチェンライへの旅行をお勧めします。国の様々な変化を感じ取れ、途中で素晴らしい景色を眺めることができます。

これをお読みください:
バスでバンコクからチェンライへ
飛行機でバンコクからチェンライへ

バンコクからチェンライへの旅行選択肢

バンコクからチェンライへの旅行選択肢

チェンライはタイの最北端の街のひとつで、首都バンコクからかなり離れています。この2つの都市は約800キロメートル離れていますが、長い道のりでたくさんの小さな町や都市、そして美しい景色を楽しむことができます。タイでの旅行に慣れているならば、国を横断することは長い時間がかかることを知っているでしょう。道路は長距離や高速運転に最適な形状であるとは限りませんが、道路移動の利点は、いったん大都市から出ると道路は交通量が少なく静かです。バンコクからチェンライへのバスは非常に手頃な価格のため常に人気の選択肢ですが、旅行時間が長く一部の旅行者には向いていません。チェンライにもっと早く行きたいのであれば、直行便もありますが、これら2つの都市の間に直通列車はありません。チェンマイ行きの列車に乗り、そこからバスに乗る必要があります。

バスでバンコクからチェンライへ

バスでバンコクからチェンライへ
モーチットバスターミナルバンコクのチケット売り場 © Hafiz Johari / Shutterstock.com

頻繁な出発、選択できる様々な会社、そして非常に手頃な価格が、バンコクからチェンライへのバスでの旅行がとても人気がある主な理由の3つです。バスは厳しい予算で旅行する観光客には最適ですが、地元の乗客にも頻繁に使用されバスの需要が多く、これは価格がそれほど低く維持されている理由の1つです。
バスでバンコクから出発するときは、出発地についていくつかの異なる選択肢があります。これはタイの北部へのサービスのためのバスの駅であるため、主な出発点はモーチットバスターミナルです。改装されたこのバスターミナルは、エアコン、多くの座席、フードコートなどがありとても素敵なので、バスが遅れることがあっても、待つのはそれほど大したことではありません。2、3のツアー会社から出発のチケットを購入することもできます。たとえば、カオサン通りに宿泊しているならそこに一つあり、バスターミナルまで移動するよりも、ここでバスに乗るほうが便利です。カオサン通りは良いピックアップポイントですが、必ずしも信頼できるものでもないので、この地域の多くの旅行代理店でチケットを予約することをお勧めしません。代わりに、12Go.asiaにアクセスして、バンコクからチェンライへのバスのチケットを安全に予約しながら、同時に複数のバス会社のコストとサービスを比較できます。

標準2 + 1席のVIPバス

バンコクバスライン、サイアムファースト、およびブドサラカムツアーは、モチットバスターミナルから出発する3つのバス会社です。彼らはエクスプレスとVIPのバスを持っていますが、VIPバスの座席の価格がほんのわずかに高いだけであることを考慮すると、我々はそのような長い旅のさらなる快適さのためにVIPバスに行くことを勧めます。VIPバスでは足元のスペースが広く、周囲のスペースが広くなる傾向があり、車内にはより多くの施設があります。

バンコクからチェンライへの昼間バスが見つかるかもしれませんが、夜行バスがより一般的です。バンコクから午後遅くまたは夕方に出発し、一晩旅行し、そして翌朝早くチェンライに到着します。これによる利点は、余分な夜の宿泊施設の代金を払うことを避けられることで、うまくいけば、途中でいくらか眠れるはずです!ただし、主な欠点は、一晩中旅行している間、美しい景色の多くを見ることができなくなることです。所要時間は12.5から14時間かかりますので、バスでの長旅です。

飛行機でバンコクからチェンライへ

飛行機でバンコクからチェンライへ
スワンナプーム国際空港はタイ国際航空とバンコクからの長距離便の拠点で使用されています

バスで移動する主な利点は安いチケット価格ですが、バンコクからチェンライへのフライトを提供する多数の格安航空会社で、飛行機を利用するのは思うほど高価ではないかもしれません。飛行についての最もよいことはチェンライにはるかに速く到達するということです。飛行時間は1時間15分から1時間30分と非常に早いので、時間の余裕がない人に最適です。そして、バスチケットの約2倍の価格で飛ぶことができるとき、節約する時間を熟考すれば価値があるように思えます。

バンコクのどちらの空港からでも出発できます:ダンムアンやスワンナプーム。両空港ともいくつかの異なる航空会社で毎日多数のフライトがあります。価格は航空会社によってかなり異なりますので、予約する前に比較してください。12Goなどのウェブサイトでは、1つの検索を行い、バンコクからチェンライへの旅行の両方のバンコク空港を含むすべてのさまざまなオプションを得ることができます。予約のしやすさと安心のために、12Goのようなオンライン予約サービスを利用することを強くお勧めします。

スワンナプームからは、タイスマイル(タイ航空低コスト航空会社)、バンコク航空、タイ・ベトジェットエアのいずれかを選択でき、午前6時30分頃から終日出発です。これらの航空会社の中で、タイ・ベトジェットエアが最も安いですが航空券は手荷物許容量を含まず、一方他の航空会社はそれが含まれていることを念頭に置くべきです。

飛行機でバンコクからチェンライへ
バンコクの北のドンムアン空港。バンコクの低コスト航空会社のハブ © Camera_Bravo / Shutterstock.com

バンコクのドンムアンから出発する選択はエアアジア、ノック・エア、およびタイ・ライオン・エアです。一般に、これらの航空会社のどれも航空券の費用で手荷物許容量を提供していませんが、タイ・ライオン・エアが最も安いです。

チェンライ国際空港はバンコクからチェンライへのフライトをほぼ完全に運行しているので、前述のように、たくさんの出発地があります。チェンライの空港は市内中心部の外約8キロメートルに位置し、タクシーで接続されています。

バンコクからチェンライに行くための1つの最後の選択肢は私用タクシーで行くことですが、これはたった一人か二人のために非常に高価であり、でもグループで旅行している場合、9人乗りのタクシーバンを利用すれば意味あるかもしれません。雇われたタクシーかバンのための費用は通常およそ11,000から13,000バーツです(12Go.asiaを通して予約可能)。予算が厳しくなければ、バスに長時間乗らなくても、バンコクからチェンライへのフライトに乗ることをお勧めします。