フィリピンには何千もの島があるので、ここにいる間に島を巡るのは当然のことです。最古の都市でありスペインで最初の入植地であるセブ市はまだ歴史的建造物、砦など、訪れるべき多くのおすすめの場所があり、それとここは素晴らしいビーチやダイビング場所へのゲートウェイです。ここからは、素晴らしいビーチやリゾート地として知られる10番目に大きなフィリピンの島、ボホール島、風光明媚なチョコレートの丘、洞窟、滝、そして海岸のすぐそばにあるいくつかのすばらしい小さな島々に飛び行くことができます。ビーチでリラックスしたい、またはもっとアクティブになりたいにせよ、セブとボホール島の両方にビーチがあり、他のやることもたくさんあります。

 

セブからボホール島への旅行選択肢
ボホール島のタグビララン市港

セブからボホール島への旅行選択肢

セブ島とボホール島はどちらも島であり、橋やトンネルでつながっていないため、セブ海峡を越えて、セブ島からボホール島まで海を渡る必要があります。およそ38キロメートルの直線距離ですが、メインフェリーの横断は、実際にはボホール島の南端にあるタグビラランまで行きますので実際に90キロメートルになります。かなり遅い標準フェリーがあります、しかし観光客のためのよりよい選択は速いフェリーです、なぜならそれらは速くてもまだ約2時間かかるから!セブ島からボホール島へ飛行機で行くことも別の選択肢ですが、直行便がないので、まず別の場所に飛び、接続便に乗り換える必要があります。セブからボホール島まで飛行機で移動するコストと煩わしさから、フェリーで移動することに非常に抵抗がない限り、私たちは本当にそれをお勧めしません。

セブからボホール島への高速フェリー

セブからボホール島への高速フェリー
セブ市のフェリー旅客ターミナルのオーシャンジェットフェリー © Valentin Ayupov / Shutterstock.com

セブからボホールへの高速サービスを提供するフェリー会社は全部で5社あり、それらはすべて毎日の複数の出発があります。ファーストキャットとウィーサムエクスプレスは、スーパーキャット、オーシャンジェット、スタークラフトに比べ出発が少ないですが、それでも良い選択肢であり、どのフェリー会社で行くことにしても、横断時間は常に約2時間であるはずで 他より速いです。価格面でも、それらはすべて非常に似通っているはずですが、他のものよりかなり高価なものもあるので、異なるクラスの座席を必ず確認してください。

旅行ウェブサイト12Go.asiaを通してオンラインでセブ島からボホール島へのフェリーを予約することができます。彼らはオーシャンジェットと提携しています。それらは一日中、午前5時10分という早い時期から始まる多くの出発があります。通常、出発時間の間隔は1時間を超えることはありませんが、ピーク時と午後の時間帯に追加のフェリーが運航している場合は、それより少なくなることがあります。オーシャンジェットでのその日の最後のフェリーは、セブから午後6時40分、午後8時40分にボホール島に到着します。

オーシャンジェットでは、予算に応じて3つの異なるチケットオプションがあります。一番安いのは野外チケットを買うことです。これは窓なしで側面に開いているデッキの上の席(それで特に快適なものではない)になります。快適さはそれほど良くありませんが、そよ風と新鮮な空気を楽しんだり、景色を眺めるのに良い方法です。もうちょっと支払えばツーリストクラスのチケットを買うことができます。これにより、エアコンやテレビが設置されているより快適な席ができますが、さらに快適な席が必要な場合は、より柔らかい席があるビジネスクラスを選択してください。ビジネスクラスのチケットは、野外チケットの約2倍の値段です。

前述したように、セブ島からボホール島に旅行するとき、島の南にあるボホール島のタグビララン桟橋に到着し、セブから出発するのはセブ桟橋1からです。タグビラランはボホール州の州都で、ここにはホテル、リゾート、ビーチがあり、ボホールへの訪問を始めるのに最適な場所です。

セブからボホール島への遅いフェリー

セブからボホール島への遅いフェリー
セブメインポートのライトシッピングコーポレーションフェリー © photosounds / Shutterstock.com

ほとんどの観光客はセブからボホールへのアクセスにもう少し時間をかけて高速フェリーでより快適に過ごすことを好むでしょうが、遅いフェリーも選択肢の一つであり、予算が限られている場合は特に良いでしょう。

しかし、遅いフェリーに乗ることは本当に旅行に多くの時間を追加します。横断は4〜5時間ですので、高速フェリーの所要時間より少なくとも2倍になります。最大の利点は、これらがセブからボホールへ行くための最も安い方法であること、そしてエコノミーからプライベートルームまで及ぶ、考慮すべきいくつかの異なるチケットクラスの選択肢があることです。

セブからボホールまで運航するフェリー会社には、トランスアジア海運会社、ライトシッピング社、およびF.Jパラシオ ライン社があります。これらのいくつかで彼らのウェブサイトを通して予約することができますが、他のはあなたがチケットを予約するために電話をかける必要があります。ただし、これが最も安い旅行方法であるため、休日やハイシーズン、特に聖週間前後にスローフェリーで旅行しようとする地元のフィリピン人には非常に人気があります。 そのため、この間に訪問する場合は、できるだけ早くセブからボホールへのフェリーを予約する必要があります。

高速フェリーと遅いフェリーの両方がセブからボホール島に行くための良い選択肢であるので、どちらを選ぶかはあなたの予算と時間スケールによるでしょう。どちらを選択しても、台風シーズンはフェリーが遅れる可能性があり、天気が悪ければ完全にキャンセルされる可能性が常にあるので、9月から2月の間の旅行予定ならこのことを覚えておいてください。