タイ湾に位置するサムイ島は、タイで2番目に大きな島です。多くのタイの島のように、ヤシの木に縁取られた豪華なビーチと内陸の山地の密な熱帯雨林で知られています。高級リゾートとスパがビーチに並んでいますが、予算重視の旅行者向けの安価な宿泊施設はまだたくさんあります。サムイ島は、ビーチパーティーやナイトライフにも最適です。また、ピピ島では、昼間はターコイズブルーの海でリラックスしたり、夜通しパーティーを楽しんだりできます。サムイ島とは対照的に、ピピ島は印象的な石灰岩の崖と素晴らしいジャングルの内部の美しい湾が特徴であるため、これら2つの人気のあるタイの目的地の相違点を探検するのは楽しいです。

サムイ島からピピ島への旅行選択肢
サムイ島行きのラジャフェリー © Andmir / Shutterstock.com

サムイ島からピピ島への旅行選択肢

直線で、それほど遠いと思われないサムイ島からピピ島までは約240キロメートルありますが、そこまで行くには陸上と海を横断する必要があります。サムイ島はクラ地峡の東側のタイ湾にあり、ピピ島は地峡の反対側(西側)にあります。サムイ島には独自の空港がありますが、ピピ島は小さすぎて独自の空港を持つことができないため、サムイ島からピピ島に直接飛ぶことはできません。しかし、クラビに飛んでそこからバンとボートを手に入れれば、ピピ島にずっと近づくことができます。他の選択肢は、サムイ島からフェリーに乗り、陸地を渡ってバスまたはバンに乗り、さらに別のフェリーでピピ島に行きます。幸いなことに、この旅全体をカバーする複合チケットを購入できますが、非常に多くの乗り換えがあるため、この方法で旅行するには長い時間がかかります。

飛行機でサムイ島からピピ島へ

飛行機でサムイ島からピピ島へ
サムイ島空港のバンコク・エアウェイズの飛行機 © islandboy_stocker / Shutterstock.com

前述のように、ピピ島には空港はありませんが、サムイ島からピピ島への飛行選択肢を無視する必要があるという意味ではありません。クラビへの飛行機に乗ることができます。これにより、フェリーや代替手段として利用する必要のあるバンやバスに比べて、記録的な速さでピピ島にずっと近づくことができます。

サムイ島からクラビへの飛行はわずか55分ですが、いくつかの大きな欠点があります。まず、費用がかかります。事前に予約すれば、より良いお得な情報を見つけることができ、旅行日にも柔軟に対応できますが、一般的に、サムイ島からクラビへのチケットは非常に高価です。この理由の1つは、バンコクエアウェイズのみがこのルートを提供し、1日に1便しかないため、唯一の飛行選択肢として追加料金を請求できることです。

クラビ国際空港に到着したら、ピピ島への道を見つける必要があります。バンとフェリーの複合チケットを購入してそこに行くことができます。これらは旅行ウェブサイト12Go.asiaで入手できます。問題は、クラビに飛ぶことで時間を節約できたとしても、バンとフェリーは旅行全体にさらに4〜5時間を追加できることです。バンとフェリーのコストを飛行のコストに追加すると、おそらくサムイ島からピピ島へのこの方法での移動はコストに見合わないという結論に達するでしょう。

バスまたはバンとフェリーでサムイ島からピピ島へ

バスまたはバンとフェリーでサムイ島からピピ島へ

サムイ島からピピ島への飛行をよく調べてみると、最初思ったように旅が単純ではなく、費用対効果も高くないことに気づきます。ただし、12Goでバンまたはバスとフェリーの複合チケットを取得すれば、かなりのお金と手間と少しの時間さえも節約できます。

サムイ島のどこから出発するのか、そしてピピ島でどこに行きたいのかによって異なりますが、旅行時間は旅行全体で7.5〜10.5時間です。前もって複合チケットを購入する利点は、旅のすべてのセクションをカバーできることであり、協力スタッフがいるのであなたは一人でフェリーやバスに乗り換える心配はありません。これにより、外国旅行で多くのストレスを解消することができます!

バスまたはバンとフェリーでサムイ島からピピ島へ

サムイ島からピピ島までサービスを提供する4つの異なる企業があります:ロンプラヤ、シートランディスカバリー、ファンティップ1970、およびラジャフェリー。使用するフェリーの種類が価格と速度に影響を与える可能性があるため、価格は企業によって多少異なります。たとえば、ラジャフェリーはより標準的なフェリーを使用し、ロンプラヤはカタマランを運航し、シートランは高速フェリーを運航しています。

たとえば、サムイ島からのホテルへの送迎は、出発地には選択肢があり、複合チケットの利便性をさらに高めます。サムイ島の北海岸にあるナトーン、またはバーンラックシートラン桟橋(シートランディスカバリーで旅行する場合)から出発することもできます。4つの異なるツアー会社の間でも出発時間は多少異なりますが、午前中にサムイ島からピピ島まですべて出発し、日中移動して午後または夕方にピピ島に到着します。

午後にピピ島に行きたい場合は、早朝の出発にしなければなりません。正確な移動時間は異なります。たとえば、ラジャフェリーを利用する場合は、午前6時頃にホテルからピックアップされ、午後4時30分までピピ島に到着しないため、10.5時間かかります。一方、ファンティップでナトーンを午前7時30分に出発し、8時間後の午後3時30分に到着することもできます。

12Goを介して予約することの良い点は、検索結果にこれら4社すべての選択肢がすべて表示されるため、価格とスケジュールを簡単に比較し、ウェブサイトですぐに予約できることです。クラビ経由のサムイ島からピピ島への飛行を選択する場合は、ご自身で便を予約し、バンとフェリーの送迎を手配する必要があります。追加費用と飛行の不便さから、代わりにバンまたはバスとフェリーの複合チケットを選ぶことをお勧めします。

How useful was this post?

Click on a star to rate it!

Average rating / 5. Vote count: